知っておくべき結婚の挨拶マナー

挨拶の際は身だしなみが大切!


結婚の際の大事な行事の一つに、両親への挨拶があります。結婚の日取りや予定を立てる場合は、まず両親に挨拶をし承諾を得てから決めていきましょう。挨拶の前に、式場や日取りを決めていると、親の意見を無視しているようにもなりますので、注意が必要です。
相手のご家族にいい印象を持ってもらうためにも、服装などの身だしなみが大切になります。女性の場合は、スーツやワンピースを着用し、派手なものやカジュアルなものは避けるようにしましょう。髪の毛が長い場合はまとめることで、綺麗な印象を与えます。素足も避け、パンプスなどの靴を履くことが望ましいです。男性の場合は、清潔感のあるスーツやジャケットを着用し、髭を剃るなどの身だしなみに気を付けることが大切になります。

手土産の相場や挨拶の注意点とは?


結婚の挨拶の場合は手土産を持っていくようにし、相場は約3000円ほどで、結婚の挨拶の時間を設けてくれたお礼という意味合いで渡します。あらかじめ、好きなものを調べておき、それを渡すと好印象です。和菓子や洋菓子、お酒などが一般的と言われています。渡すタイミングでは、席に座る前もしくは席につき落ち着いてからです。
挨拶の際は、こちらにどうぞと席を勧められてから座るようにしましょう。結婚の挨拶の話題を出すタイミングは難しいですが、その前に打ち解けるための日常会話も大事です。ある程度の会話を楽しんでから、男性から結婚の話をするようにします。その後は長居はせず、宿泊が必要な場所はホテルを取っておくことも必要です。